出会い

パパ活に手を染める10代20代の若者女性を調べてみた

週刊誌やネットニュースでよく目にするようになってますよね!「パパ活」。今さらパパ活ってなに?と聞けない方の為に改めて説明させて頂きますと、色んな関係でお小遣いを貰ってこれまた色んな面でサポート、助けてくれるパパさんを探す活動をしている女性の事がパパ活です。

パパ活とは

そうです!昔で言うところのパトロンってことです!愛人契約とも言ってましたね~。それを今どきの子達はパパ活!なんてちょっとした部活のような軽い隠語に変えて軽いキモチで小遣いを稼ごうとしている訳です。

本当にオシャレも流行りも隠語も、全て若い女の子が次から次に作り出して流行らせているわけです!援助交際とい言葉も当時のJKが作った言葉ですもんね。やはり軽い言葉に変えることによってその行為そのものも軽く感じてしまうんでしょうね。

ただし、そんな若い子だけを責める訳には勿論いきません!パパ活が流行るのは供給する側がいるだけあって、それを求めるパパさんが需要側でしっかりいるから成り立っているという訳なんですよ。

その需要側のパパさんですが、月で幾ら渡すから何回会ってデートしよう!という感じで月々決めた金額とデート回数でお付き合いをしている月極パパ。毎月仕事で忙しかったり、家族サービスをしないとイケないから決まった日程では会えないパパさんは、会ってデートをする都度にお小遣いを渡すという約束でお付き合いをする都度パパさんなんて風に分かれているらしいです。

デートということはセックスの事を意味しているのが当たり前ではあるんですが、ごく少数でしょうがセックス無しで食事やドライブなどだけで小遣いをくれるパパを探している女の子もいるというんです。

それがそんな女の子の言い分によると、そんな学生のようなデートでもお小遣いをくれるというおじさんがいると言うから不思議なんですよね~。年齢的に結構上だという事でもしかしたら息子がもういう事を利かなくなっているのかも知れませんが…

それでも若い女性と食事やお話だけでも満足するというおじ様!

そんなおじ様が相手をもしもしてくれるのであれば、私だってパパ活したいくらいですよね!…しかし、そんなおじ様がいるからこそ若い子は勘違いしてしまって、付け上がっているのは間違いなしですけどね。本当にどこかの会社の経営者とか会長職の偉い人で金に余裕があり過ぎる人なんでしょうね~。

こればかりはパパ活のみならず援助交際が流行っている時にも考えさせられましたけど、体を売る女性が悪いのか?買う男性が悪いのか?卵が先か鶏が先かという所です。でも、世の中から風俗が無くならないように男性女性といる限り無くならない部類ですよね。そこで本当に食事デートだけで小遣いを私男性が出たら前例を作ったことになってしまって女性も調子に乗るのでそんな道楽は辞めて貰いたい所ですな~。

しかし、なにも味を占めて調子に乗るのは食事デートで小遣いを貰おうとする若い女性だけではないみたいでして。パパ活というモノが流行り出した!という情報を嗅ぎつけた、今まで援助交際をしていた30代以上の援助交際という良い方もどうかと思われるような女性たちも、月極で小遣いをくれるパパを探す活動をし出したわけなんです。

明らかに部活のノリのパパ活というよりも、お金の面で苦労している女性が愛人生活で楽して暮らそうとして愛人サークル活動といった所。お金が全てではないとはわかっているものの、お金にこれだけ必死になる女性たち!また彼女たちを簡単に抱けるお金!持って置きたいものです。いや、女性は稼げるだけ羨ましいものです。

パパ活の相場

そんなパパ活は幾らくらい必要なのか?先ほども言いましたが食事だけのデートやドライブだけのデートで小遣いを貰うという女性が徐々に増えていきているらしく、肉体関係を望まないというスケベ目的の男性には非常に困る紳士なオジサマも増えているとか。

その影響も重なって、肉体関係アリと無しの金額にも最初は幅があったモノがおかしな状況になっているようです。一昔前は、一回のデートでエッチがアリだった場合は2万円~5万円という幅があったようなんです。

これは女性の見た目や希望、また払う側のパパの方の年齢や年収でそれぞれが商談して決めている為の幅になるんですが、月極だと4回程度のデートで10万から20万という結構な金額を荒稼ぎしているパパ活女性もいるようで、本当にクラブのホステスの愛人さんのような感じですよね。

これに新興勢力の肉体関係無しでのデートパパ活女性が出てきて、それだけの相手に1万円を払うというパパが現れてきたので相場が荒れてきているんです。しかもショッピングデートをしたり、デートの際にプレゼントを上げたりとする優しいパパさんがいるという事です。

その影響でそんなパパ活女性は肉体関係を必要としないわけですから、肉体関係を望む男性が現れた時なんかは1回で5万円からを要求したりしているんです。だから体の関係アリでのパパ活をしていた子も2万では簡単にさせなくなっている状況のようなんです。

これを聞いたら息子が不能だから若い女の子とデートだけで満たされてしまうお金持ちのパパさんが、息子が元気過ぎて扱いがある意味不能になってしまっている位のパパ達からすると大迷惑な話なわけなんです。

しかしそんなお金持ちパパは月極で10万とか20万円を簡単に渡して契約できるパパさんなんでしょうが、ご安心ください!そんなパパさんの方がかなり少ないという事です。なかなか普通の会社員で月極パパになれる程の小遣いを貰っている人、遊興費として10万以上を一括で払える人なんていませんからね。

東京や名古屋辺りの都会の方では結構な数が月極でいるそうなんですが、地方や会社員の平均所得が低いといわれるような都市部はデートの度にお小遣いを渡すという都度パパの方が多いみたいです。

また逆にローカルエリアの方もパパ活女子が多い地区もあるようでして、これは女子大などが多い地域と農家や建築関係の田舎の仕事で結構小銭を設けている年配の男性が多いという需要と供給がマッチしたエリアのようですね。

ということで、パパ活をしている女性で最も多いのは女子大生となるわけなんですが、今ではその流行りの乗っかってOLさんとして昼間は普通に働いている女性や、給料の少ないといわれる美容師さんの見習いやアパレル店員なども増えているようです。

そしてこちらとして引いてしまうのが既婚人妻さんであったり、バツイチのシンママさんなどもパパ活と称して小遣い稼ぎに一生懸命になっているという訳ですね。

でも、人生経験を色々と重ねているからなのか?それとも需要が無いからなのか?この人妻さんやシンママさんたちの相場は20代前半のパパ活女性たちと比べるとかなり低い相場になっているようです。1万円から15000円くらいで1回のデートをしてくれる女性もいるとか!勿論、肉体関係はありということです。

男性にも色んな趣味やタイプの男性がいますからね~若い女性と1万でデートして貰って飲み食いのデート代はご馳走してやって15000円払うのと、30歳以上の熟女予備軍の女性と飲み食いなしで15000円で肉体関係だけさせて貰うのと、お好きな方を選んで頂きたいと思う次第です。…が、私は間違いなく熟女予備軍と仲良くなりたいかもです。

パパ活アプリ

さあ、そんなパパ活をしている女性たちが一体どうやってパパ活運動をしているのか調べてみました!やはり若者に人気の無料SNS系、TwitterやInstagram、Facebookなどではありませんで、Jメールやハッピーメールといった優良サイト、出会いアプリでした。

その理由は解りますよね?ハンドルネームを付けられる無料SNSもあるとはいっても、友達と繋がっている事が多いTwitterやInstagram、逆に本名でしか登録したらダメ!となっているFacebookでパパ活なんかしていたら周りの友達皆に知られてしまいますよね!

個別に周りにバレないようにメッセージを送る事も出来ますが、それではパパ活を持ち掛けた相手、自分の事や自分と繋がっている友達の事はバレてしまいますからね。その点でいけば匿名性が高い、極端に言えばハンドルネームと年齢だけで利用できる出会いアプリはパパ活アプリと使い勝手が良いという事ですね。

今はアプリにもマッチングアプリや婚活アプリといった部類のアプリも増えていますが、そちらの方にはこのパパ活女性たちはいません。なぜなら、アプリを管轄しているiTunesやグーグルプレイがアダルト色のアプリは契約をスグに終了してしまうからなんです。

なのでパパ活というアダルト色の内容のカキコミややり取りをする女性がマッチングアプリや婚活アプリにいた場合はスグに退会処理をされてしまうんです。

ではなぜ出会いアプリは大丈夫なのか?

さっき上げたハッピーメールやJメールというのは、元々が出会い系の番組がメインのアプリなんです。アプリバージョンは他のマッチングアプリや婚活アプリと同じで真面目なコーナーしかないんですが、そこからWEB版の出会い系の方へも登録できるので、そちらの方にはアダルトコーナーもありパパ活女性がわんさかと活動しているという事なんです。

勿論、この各運営側もパパ活は金銭が絡む出会いという事で発見したら削除とか退会にしてるみたいなんですけどね!個々のやり取りまでは把握していないという事でメッセージのやり取りで話が進むというわけなんです。

この出会いアプリの料金ですが、マッチングアプリ等の場合は月3000円から4000円程度でメール送り放題という定額制の料金設定が殆どですが、出会いアプリはメールを送ったり掲示板の投稿を見たり、写メを見たりする為にポイントが必要となり、そのポイントを1000円から3000円や5000円と必要な分だけ購入するというポイント制になっています。

大体メールを送るのに70円くらいなので、ボッタクリサイトのように1通500円なんて事がないので安心です。まあ、上記のサイトは20年以上運営している老舗サイトなので、有料の優良サイトというのは実績が証明しているんでしょう。

このサイトにもそれぞれ特徴がありまして、一番パパ活女性が多いと思われるのがJメールですね。サイト側は厳しくチェックをしてますけど、パパ活女性たちも上手に掻い潜って男性側にアプローチを掛けていますね。

次に若い女性が多いのがハッピーメールですね。こちらもパパ活女性も多いんですけど、真面目に出会いを探しているという女の子も結構いるみたいでして、パパ活でお小遣いを渡す関係よりもピュアな出会いを探したい!という方にもお薦めでしょうか。まぁ、おじさんだとあまり相手にされないですけどね。

そして若いパパ活女性と人妻やバツイチシンママさんという勘違いのパパ活をしている女性が半々という感じの女性が多いのはJメールです。

勘違いの熟女予備軍が多いという事は、先ほども言いましたように金額的にお安い女性が多いという事でもあります。たまに年齢詐称までしている女性もいますので注意は必要ですね。

番組それぞれで登録している女性の年齢や目的、タイプも違うのはなかなか面白いものです。まぁ、中には3サイト全てに登録をしていて、同じような内容の書き込みをしているという女性もいますけど、勿論そんな女性はスルーしちゃいましょう。

しかし、私はマッチングアプリや婚活アプリよりもこの3サイトのような出会いアプリの方が使い勝手が良くて、過去の経験でもこちらの方がパパ活女性に限らず普通に飲みに行くという事で会えたりしたんですよね。

というのも、マッチングアプリや婚活アプリはプロフィールに載せている写メでまず女性側に判断をされてしまいます。こちらがどれだけ女性側に「いいね」を押してアプローチを掛けたところで、女性側が私の写メを見て気に入って貰えなければマッチングが成立しないんです。

マッチング成立しなければメッセージのやり取りすら開始されないという事になるのがマッチングアプリや婚活アプリなんです。

だから幾ら定額制でメッセージ送り放題だといっても、相手がいなければ宝の持ち腐れになってしまいます。その点でいくと出会いアプリは男女ともに希望する相手の事や自分の自己PRなんかを掲示板に書き込んで投稿!

それを見て相手に直接メッセージを送って、相手に気に入って貰えたりすると早速メッセージのレスが返ってきてやり取りスタートとなるんです。

プロフィールに写メを付けていないとメッセージのやり取りが出来ないという訳ではなく、メッセージの内容で自分をアピール出来て、女性が好きそうな言葉や食べ物なんかで誘える出会いアプリの方が私の見た目に自信のない中年オヤジには持ってこい!という訳なんですね。

まぁ~相手の女性に関してもプロフィールに写メが無いという会員が多いので、1週間やり取りをしていざご対面!ってなった時に予想を大きく下回るフェイスやホルムの女性でショックを受けた!なんて事もありますけどね。

と、話が大きく脱線してしまいましたがパパ活女性たちは集まるのはパパ活アプリと言ってしまってますが、出会いアプリです。その代表的なアプリがハッピーメール、Jメールとなっています。

Jメール:http://mintj.com

パパの探し方~実際に試す!

そんな中、実際にパパ活している女性を探してみて、内容次第ではデートなんかもしてみちゃおうかなぁ~ということで、先ほど紹介しました大手老舗の出会い系のひとつ、Jメールを使って試したみたんです。

「色んな意味で余裕のあるおじ様がタイプです。」っていう感じの明らかに意味あり気な投稿をしていた20歳前半というプロフの女性にメールを発射してみたところ案の定パパ活をしているという20歳の現役女子大生でありました。

「希望とか条件ってどんな感じなのかな?」と下手になって探ってみたところ、これが月に10万円欲しいと要求してきたんです!

しかも、その条件として言って来たのがエッチはなしでデートは週に1回、ご飯を食べに行って色々な話をして別れるだけ!っていうメチャクチャフザケタ条件でありました。

この子の言い草がまた上からでムカつくんんです。

「え~この条件で会ってくれてたパパがいたよ~。お金ないの?お金ないと若い子なんて会って貰えないと思うよ!」ですって…。

勿論このパパ活女性には低調にお断りをして、ブロックさせて貰いました。

気を取り直して、自撮りの写メをサイトに登録し、逆襲のパパ活開始っす!

えい!

数人とやり取りをした自称女子大生というパパ活女性たちがいたんですが、1回のデートで5万希望をしてきた女子大生もいれば1回のデート2万でOKと言いながら途中で返信が来なくなった子もいたりと、結局パパ活をしているという女性とは直接会う事は出来ませんでした。

10代という女子大生のパパ活とも話をしましたが、彼女は肉体関係はOKという事でしたが希望は月極の20万円希望とこれまた吹っ掛けてきました。

なんでも学校の友達がその条件でパパ活に成功している子がいるらしく、その友達に勧められてパパ活を開始したとの事。

この子には3万円での都度パパで一度会ってみないか?と誘ってみたんですが途中からレスがなくなってしまいました。

その他数名の女性とのやり取りをしながら感じたのですが、あくまで自称女子大生というだけで本当は指名が無いから出会い系でお客を探しているようなデリヘル嬢のような子もいるんじゃないのかな?と相手の慣れたメールのやり取り内容から思った相手もいました。

こればかりは実際に面接という形で一回直接会ってみて判断しない事には何とも言えない所ですね。また、写メがある女性もいましたが、やはりパパ活女子大生の殆どはハッキリと顔が解る写メは出していませんでした。

そんなタイプじゃないかも知れない女性に10万円も渡すというのはパチンコ以上のギャンブルで、そのギャンブルをやるのはアカギかカイジくらいのモノでしょう。

やっぱりパパ活女性と話がまとまる際は、一度お互いの為に面接って形で顔合わせしてみない?とワンクション入れた方が良いでしょうね。特に月極なんかで話が進んだ際はですね。

また、やり取りをした女性が言っていました!月極でパパがいたけど、「まともに10万貰えたのは最初の月だけで二か月目から5万の2回払いの分割という形になり、2回目の5万を貰えずにヤリ逃げされた!」なんて被害?にあったとの事。

その話を聞いていて、どっちもどっち~って感じましたけどね。最初に10万渡すだけでも同じ男としては立派なおじさんだったんだろうと思いましたね。と、同時にその価値がないと判断しての行動だったんじゃないのかな?って同じ男として同情すらしちゃいましたね。

パパ活の中にはモデルさんの卵や客室乗務員の卵がいる!なんて雑誌なんかの記事にもありますが、恐らくそれってごく一部だと思いますね。それもそんな女性は出会いアプリに頼らずに社長さんなんかとの交流の場で直接誘われていると思います。

ですので、パパ活女性を探す場合に出会いアプリで探す際は!まず若ければ若い程希望金額は吹っ掛けてきます。

それでも顔やスタイルに大きな期待をしないようにする事、世間知らずで結構横着な口調で生意気な感じの女の子が多いと思っておいた方が、イライラしないで良いと思いました。

実際に二日目にはJメールでパパ活でも都度パパといわれる1回こっきりの女性と待ち合せすることができました。

金額は値切りに値切って15000円です(笑)

彼女からデートの流れを説明されたのですが、食事だけなら15000円でエッチありなら2万とのことでした。

単刀直入に「エッチだけしたいんだよね!」と彼女に伝えると2万と言い出しましたが値切って15000円で待ち合せることができました。

駅前なんかは人が多く明らかに出会い系で待ち合わせだろ!と思われそうなので、ラブホテルの前で待ち合わせました。

写メで見た彼女とは違って清楚な大人しそうな女性でありました。

年齢は自称22才でしたが恐らく25歳は超えてそうな雰囲気を醸し出してます。

ホテルに入りお決まりの手順であれこれしましたが、この辺りはご想像にお任せします。

一つ感想を述べると若い肌は気持ちよくてガッチガチに興奮してしまい、生で入れてしまいました。あと、超貧乳でした(笑)

パパ活は危険?

パパ活をしている女性にも二つの考えがあるそうなんです。一つは不特定多数の男性を相手にお小遣いを貰ってはデートを重ねる援助交際と違い、特定の男性としかデートをしないという事。

これは本当に女性特有の見栄と言う部分ですね。結局やってることはパパ活も援助交際も同じだと思うんですが、援助交際をしている女の子と違い、私は誰でも良いっていう訳ではない!っていう自分の言い訳とプライド的なモノがあるようです。

そしてもう一つが不特定多数を相手にして発生する様々なリスクを回避できるという事のようです。不特定多数が相手だと性病をいつ貰うかという事をやはり考えているところは若くても現実を見ている女性らしい部分。

さらに不特定多数の中には薬物をしていたり、暴力を振るわれたり、もしかするとお小遣いを貰ったという事で脅されたりするというようなリスクも考えているようです。だから初対面では相手をよく観察して金払いが良くて優しいパパだと確認が取れて初めてパパ活契約をしている子が多いとの事。

でも出会う男性によっては女性も危険になる場合はあるとか!お金持ちでも悪い稼ぎ方をしている男性も多いです。100万やるから付き合わない?なんて言って来た相手がマフィアだった!なんて事もあるかも知れませんからね(笑)

以上の事から考えると、パパ活をしている女性自体にリスク回避をしているだけあって、男性次第の部分以外では危険な事はあまりないという所でしょうかね。では、パパ活女性を相手にする男性の方にリスク、危険なことはないのでしょうか?

男はパパ活で遊んで危険じゃないのか?

美人局や強請りタカリといった部分を心配される方も多いかも知れませんが、そんな場合はスグに警察に駆け込んで被害を訴えれば大丈夫です。相手側もそんな事をされてしまえば自分たちの方が罪が重くなるという事は理解しているので離れていきます。このご時世で美人局なんてするチンピラもいないでしょうが。

というか、今時そんな事をするような女性は意外といないので大丈夫です。特にパパであるアナタが警察官や教師といった公務員や地方議員も含めた政治家の公人でない限り大丈夫です。もしその類の職業に疲れている方はスキャンダルというものをネタにされるのでパパ活は辞めましょうね。どこかの元知事さんみたいになりますから(笑)

その時の方が良い事言ってましたね!相手に気に入って貰う為に金品を渡していた!個人的に好意の感情を相手に持っていた!って事を。

これが売春と自由恋愛の違いです。パパ活も考え方によっては売春と受け取られてしまいがちですが、相手に対して恋愛感情があった!その為にお小遣いを渡していた!という言い訳で売春系の危険もクリアーになります。まあ後は道徳的な問題は言われてしまいますけどね。

美人局の心配や売春系での心配、そこら辺のリスクや危険はありませんが、一番気を付けなければならないのが相手の女性の年齢という部分だけです。

18歳以下、18歳でも女子高生は立派な未成年ですからね!絶対にパパ活しているそんな子と知り合ったら、即刻スルーするなり知り合ったアプリの運営元に通報しちゃいましょう。

こればかりは売春や美人局以上に条例違反で完全アウトとなってしまう問題で、向こうから言い寄って来たにも関わらず児童買春なんて事言われてしまって、世間様から冷たい目で見られてしまうという事になってしまいます。

今どきの若い子は化粧をしていると年齢が解らないものですが、そんな際は年齢だけでも良いから!特にパパ活で頻繁に会うとなった場合には学生証や免許証で年齢だけでも確実に確認させて貰うようにしておきましょう。

男性側のパパ活での危険な所となればこの点くらいです。パパ活に手を染める10代20代の若者女性を調べてみましたが、色々と書かせて頂いて言うのもなんなんですが、一応…決して売春や買春を擁護したり勧誘、助長するものではありません。売春買春は辞めましょう!真面目な筆者からのお願いでした。(笑)

利用サイト:Jメール

記事:まとりっくす

関連記事

  1. 既婚者でもセフレが欲しい女性はいるのか?

  2. 援交モデルで副業してるOLが意外と多い理由(貞操観念が低いのか?)

  3. 40代独身の女友達の作り方~結婚しないならセフレを3人作ろう

  4. エロい女性の服装を見分けてスケベ女探し

  5. 飲み友が欲しい!ネットの情報は嘘ばかり!ガチで試した

  6. 神戸でセフレの作り方!熟女なら簡単におめこできる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ENVY STAFF

STAFFの紹介

最近の記事

PAGE TOP

出会い

出会い系の中の援デリって危険なのか潜入してみた

夜遊び

長野の松本で夜遊びするなら~エロいスポットを調べてみた

出会いアプリ

ポイボーイでセフレ探し!スコアを上げてセックスするぞ!

夜遊び

新橋のチャイエスやピンサロ・ソロ飲み女をナンパ!

出会い

女性が1人で遊べるスポット!コレを狙ったナンパ作戦

女性向け

彼氏のセックスが痛い!伝えたいこと